Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/166-24aa5f2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

07Jリーグ第02節 横浜FC戦

0-1で負けました。新たなダービーの最初の1ページが黒星となってしまいました。負けることが許されなかった試合だけにショックです。おまけに降格争い直接対決第2ラウンドとしても負けました。これで1勝1敗となってしまいました。強いチームとやる前に少しでも勝ち点をかせいでおかなければならにのに…。本当に痛いです。


敗因を探る前に、ちょっと考えてみたいのですが、アグレッシブないいサッカーをして負けるのと、虎の子の一点をなんとか守り切り勝利する試合ではどちらがサポーターや応援する者のためになるのでしょうか?

今回の試合に限っては後者です。FCはJ2時代から築きあげてきた高木サッカーとこの一戦の戦い方が見事マッチました。マリノスはというと即席のスクランブルアタックで、結局無得点でした。所詮、攻撃は水物なのです。

マリノスは今新しいことにチャレンジしているというのはわかります。長い目で見れば今回のような戦い方でもいいのかもしれません。しかし、この試合だけは内容より結果を重視するサッカー、最悪引き分けという試合をしてもよかったと思います。

戦前あることをふと思っていました。「ダービーはホームが勝つ」という法則です。今回に限ってはないだろうと思っていましたが…。次回のダービーはマリノスホームです。引き分けも許しません。玉砕覚悟のスクランブルアタックで圧勝しないと気が済まないです。理想は5-0。

最後に鈴木>大島というのがわかりました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/166-24aa5f2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

じょんさんの最近読んだ本

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。