Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/455-e381fd1e

トラックバック

コメント

[C289] まだまだ

はじめまして。いつもコソッと拝見させてもらってます。久しぶりに弱気なコメントですね、ちょっと年を取ったということでしょうか?でもとても素晴らしく葛藤が描かれてます。まだまだ強気なコメントまってますー。因みに私も走ってました。タイムは4時間超えでした。歩きも入りました。でも青島は日本一素晴らしい大会だと思います。高校生の応援最高!
  • 2008-12-15 20:55
  • ごみ捨て隊長
  • URL
  • 編集

[C290] はじめまして(私も青太走ってきました)

時々、拝見させてもらってます。
風邪による体調不良、残念でしたね。私の友人も、直前1週間で風邪をひき15kmで途中棄権を余儀なくされたようです。風邪は体力消耗しますからね。早く体調を戻して復活してください。
私は、昨年から青太に参加し、前回と今回の2コースを経験しました。新コースは沿道の応援が多く良かったのですが、やはり、32kmでGoal付近まで戻りながら、新たに離れていかなければならないのがつらいですね。また、37kmの折り返しでの強風にも
参りました。
でも、お気に入りの大会なので、また来年も宮崎に出向きたいと思ってます。

[C291]

今のGさんが目指すマラソンはやっぱりスピードマラソン・・それしかないですね。。。
ここでファンランに切り替えるなんてトンでもない事。
私もNAHAを目指してほんとに頑張って来たけど、
タイム以前のアクシデントだったと自分では思っています。。
だから悔しさはありません。。。
確かにNAHAは出たけど完走はしたけど・・・戦ってはいない。。。

でも頑張って走って来た練習は裏切らない。。
次に繋げるものがここにある。。
だから休まずに走り続けるよ。。
頑張ってここまで来た成果を出すまでは絶対諦めない。。

Gさんの頑張りも私のお手本・・・忘れないでね。。

  • 2008-12-16 22:57
  • プリンセスキャンディ
  • URL
  • 編集

[C292] コメント有り難うございます!

ごみ捨て隊長さん>
うん、確かにエイド毎の女子高生の応援はよい。青太独特。特におっちゃん連中にはうれしい限り(笑)

今回残念ながら最後までコースを楽しむことはできなかったけど、来年は最後までたどり着きたいです。


ptgasker04さん>
ハーフまではなんとかなるんですけど、フルは別物ですね。当たり前なんですけど、甘く見てました。
歩きが入ってもいいから制限時間いっぱい使ってでも完走すべきだったかななんて反省しているところです。
次回もし参加されるなら、お会いできるといいなぁ。


プリンセスキャンディさん>
せっかく練習してきたんだから、わずかな可能性にかけて出走しちゃうんですよね。
状況からみると今回の玉砕はやむなし。ある意味戦った。よく30kmも走ったよ。と、いい方に解釈しようとしてるとこです。
  • 2008-12-17 09:28
  • じょんさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第22回青島太平洋マラソン@轟沈、そして敗戦の弁

調整。やっぱこれが一番難しい。ほんとフルはごまかしがきかない。
平成20年12月14日に開催された第22回青島太平洋マラソンは、苦い教訓を身をもって体現することとなった。

我が家は現在5人で暮らしている。そのうち私以外の4人が風邪をひいてる。そんな中私だけ、軽めの症状で持ちこたえてきた。家の中でも終始マスク着用、暇さえあればうがい手洗いをした。風邪薬はドーピングに当たるので服用しなかった。この1週間はジョグをするよりも風邪を完治させることが何よりの調整と考え、日課の夜ランを控え早寝した。大会前日の13日はまったく咳き込むことがなかったのでほっとしていたところだった。

しかしこれだけはどうにもならない。職場の忘年会。一年の労をねぎらう恒例行事の為、飲み食いこそほどほどにしたが、宴もたけなわ。二次会までがっつり参加した。三次会は断ったのだが帰宅した頃には日付をまたいでしまい青太当日となっていた。朝6時出発予定の為、4時起床。結局睡眠時間は3時間しかとれなかった。

予定どおり、6時出発。現地にて6時30分受付完了。この頃、咳がまだ残っていることに気づくが、先月のハーフもこの状態で結構走れているので、いけるところまでいこうと安易な考えでいた。
レース前独特の気持ちの高ぶりもなく、走前既に敗色濃厚。しかし「走った距離は裏切らない」この言葉を信じることにした。7月から練習してきて、9月、10月、11月と人生初の3ヶ月連続の走行距離300km突破。直前の5000M、ハーフでも自己記録を更新しており調子は昨年よりいいはずだ。そう自分に言い聞かせるしかなかった。今回は嫁も娘2人も体調不良の為、同行していない。きつくなったら無理せずリタイアしようと決め8時30分スタートラインについた。スタート地点では、駅伝のチームメイト2人に遭遇。キロ4でいけるところまでいくそうだ。私は目標を30km走ることと冗談交じりで宣言したが、結果的にそういうことになってしまった。

午前9時スタート。

~05km 0:19'27 
弱気のスタート。出遅れる。走路が狭く遅れを取り戻すのに一苦労。なんとか1km地点を3'55で通過。この当たりで駅伝組の2人に追いつく。本道に出ると向かい風。復路は追い風になると信じて無理せず楽なペースを心がける。
ちなみに気象条件は晴れ、気温11℃、風は北北西3mと大会本部より発表があった。

~10km 0:38'26(18'59)
逆風まっただ中。集団の中で風をよけながら走る。この集団をこの日の運命共同体とする。ペースは二の次。とにかくリラックスすることを心がける。市街地に入ると風もやみ新コースを楽しむ余裕。とても軽快に走れた。集団を抜け出し単独走になってしまう。

~15km タイム取り忘れ(というか給水所の途中にチェックポイントがあったんで給水に夢中でラップとれず)。 
市街地の単独走。橘橋を越えた頃は絶好調。なんだかいけそうな気がする。
好調を感じながら走っていたが、県庁の楠並木通りに入り最初の折り返しあたりで、なんか走りが重くなってきた。暗雲立つ。

~20km 1:16'56(38'30)
宮崎神宮の折り返し付近で胃がもたれるような感じがする。咳も出だした。
県庁の楠並木に入る手前で、歩行者横断の時間(ロープを張ってコースを一部封鎖)と重なり立ち往生する。一部閉鎖のはずであるが、スタッフのタイミングが合わなかったようで一時走路がなくなった。大会前の注意事項説明で時間によっては走路の変更があるので協力して下さいみたいな連絡があったことを思い出す。丁度その時間に当たったようだ。初めてのことだからしょうがいない。運が悪かった。前を走ってたランナーは自転車と接触。痛そう。
その後再度県庁前の楠並木通り。往路組とすれ違う。すごい人のかたまりに圧倒される。それが何百メートルか続く。人、人、人。多分この中にジョグノートの仲間とかいたんだろうけど、判別不可能。本当に圧倒された。東国原知事ともすれ違う。このどさくさに紛れて沿道ギャラリーからウイダインゼリーを投げてもらって受け取ろうとしてたやつがいたが、それが私の頭部直撃。調子が悪いときはいろんなことが重なるものだ。

~25km 1:37'49(20'53)
中間点は1:21'30ぐらいと記憶している。異変が本格化する。胸やけがするし、胃の周辺が重たい感じがして走りに集中できない。鼻水が出だす。このままだとやばい。もはやペース云々というレベルではなくなってきた。

~30km 2:06'21(28'28)
信じていた風向きにも裏切られ、また向かい風だった。更にやる気ゲージが下がる。胸から腹部にかけた全体が重痛くなってきた。まるで風邪の症状。胃や腸が機能していないような感じだ。ジョギングペースに落とし回復を図る。心拍数も150bpm台(それまでは170~179で推移)までに落として様子をみる。もうこの辺で気力は完全に萎えているが、足は生きているし呼吸も苦しくない。ただハラが痛いだけ。次回以降の為にコースを把握しようと思い、完走目標に切り替える。
南バイパス上で鼻水がとまらなくなる。後続のランナーに次々に抜かれる。駅伝チームメイトキロ4ペースの二人にも抜かれる。彼らはいいペースで走っているようだ。
しかし、N君のほうは私を追い越した直後ハムが痙攣したらしく、止まってしまった。がんばれN君。彼はまた走り出した。ほっとした。

~31km 2:12'00(5'39)
ゴールのある公園内に帰ってきたが、ここから再度公園を出て南進。トロピカルロードを通って青島方面に向かわないといけない。しばしばお世話になってるコースなので、距離感がつかめる。今思うとあとちょっとじゃん、と思えるが、走ってる最中は、とてつもなく遠い気がして絶望感で目眩がしそうだった。
ペースを落としたので、完全に体は冷え切った。そのせいか肘や肩、腰等節々に違和感を感じはじめた。間違いなく風邪だ。駐車場の脇を走るのだが、自分が車を止めた位置が確認できる。ここでリタイアすれば収容車をまつことなく、そのまま帰れる。そう思ってしまった。このコースレイアウトは大会側がリタイアを促進させ運営を円滑にすすめようとしているのではないか、と思ってしまうほどだ。恐るべき青太、手強し。
折柄、前方を走っていたN君がもはや完璧にハムを傷めたらしくリタイア。かなり我慢してたようで、歩くのもままならない様子。駅伝に影響なければいいが。
この日私は白を基調としたランシャツで走っていたが、鼻水を拭いてたところが、なんか茶色い。よく見ると鼻水に血が混ざり始めたので、これは危ないと思い私もここで終戦。
まんまと大会運営側の思惑にはまってしまった。

散々なレースになってしまった。35kmからが勝負なのだが、そこまで辿り着けなかった。ハァハァゼーゼーいうことなく終わってしまっのだが、こんなきつかったレースは初めてだ。ゴール付近でジョニーさんにお会いすることができたが、合わせる顔もなく、とにかく腹周辺が苦しくて節々が痛かったので、すぐに帰った(この日ジョニーさんはハーフの部に参加。1時間37分くらいっていってた。楽しいレースができたようで、ゴール付近で彷徨う私をみつけて声をかけてくれた。ジョニーさんが何で私のことが分かったのかが謎。勘だろうか?すごい)。一緒に弁当を食べる予定の米さんのご帰還を待つこともできなかった。申し訳ないです。
帰路に着いた自動車の中では強烈な睡魔に襲われた。
帰って体温を計ってみた。やはり発熱していた。テレビで女子駅伝の渋井と福士の対決をみながら、しばらく安静にしていた。その頃まだ青太を走ってるランナーがいる。嫁はそのことに触れ「そのくらいのペースで走ればいいのに」と言ったが、早く走れるうちは早く走りたい。それが出来なくなったら、そうする。一眠りした。いつもの驚異の回復力で症状は治まったが、精神面もダメージが大きい。

このままスピードマラソンは引退しようか、と考えてしまうくらい堪えた。今の自分にとってスピードマラソンとファンランどちらが楽しいのか?そう自分に問いかけるとやはり前者なのだが。
次戦はまだ決めていない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/455-e381fd1e

トラックバック

コメント

[C289] まだまだ

はじめまして。いつもコソッと拝見させてもらってます。久しぶりに弱気なコメントですね、ちょっと年を取ったということでしょうか?でもとても素晴らしく葛藤が描かれてます。まだまだ強気なコメントまってますー。因みに私も走ってました。タイムは4時間超えでした。歩きも入りました。でも青島は日本一素晴らしい大会だと思います。高校生の応援最高!
  • 2008-12-15 20:55
  • ごみ捨て隊長
  • URL
  • 編集

[C290] はじめまして(私も青太走ってきました)

時々、拝見させてもらってます。
風邪による体調不良、残念でしたね。私の友人も、直前1週間で風邪をひき15kmで途中棄権を余儀なくされたようです。風邪は体力消耗しますからね。早く体調を戻して復活してください。
私は、昨年から青太に参加し、前回と今回の2コースを経験しました。新コースは沿道の応援が多く良かったのですが、やはり、32kmでGoal付近まで戻りながら、新たに離れていかなければならないのがつらいですね。また、37kmの折り返しでの強風にも
参りました。
でも、お気に入りの大会なので、また来年も宮崎に出向きたいと思ってます。

[C291]

今のGさんが目指すマラソンはやっぱりスピードマラソン・・それしかないですね。。。
ここでファンランに切り替えるなんてトンでもない事。
私もNAHAを目指してほんとに頑張って来たけど、
タイム以前のアクシデントだったと自分では思っています。。
だから悔しさはありません。。。
確かにNAHAは出たけど完走はしたけど・・・戦ってはいない。。。

でも頑張って走って来た練習は裏切らない。。
次に繋げるものがここにある。。
だから休まずに走り続けるよ。。
頑張ってここまで来た成果を出すまでは絶対諦めない。。

Gさんの頑張りも私のお手本・・・忘れないでね。。

  • 2008-12-16 22:57
  • プリンセスキャンディ
  • URL
  • 編集

[C292] コメント有り難うございます!

ごみ捨て隊長さん>
うん、確かにエイド毎の女子高生の応援はよい。青太独特。特におっちゃん連中にはうれしい限り(笑)

今回残念ながら最後までコースを楽しむことはできなかったけど、来年は最後までたどり着きたいです。


ptgasker04さん>
ハーフまではなんとかなるんですけど、フルは別物ですね。当たり前なんですけど、甘く見てました。
歩きが入ってもいいから制限時間いっぱい使ってでも完走すべきだったかななんて反省しているところです。
次回もし参加されるなら、お会いできるといいなぁ。


プリンセスキャンディさん>
せっかく練習してきたんだから、わずかな可能性にかけて出走しちゃうんですよね。
状況からみると今回の玉砕はやむなし。ある意味戦った。よく30kmも走ったよ。と、いい方に解釈しようとしてるとこです。
  • 2008-12-17 09:28
  • じょんさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

じょんさんの最近読んだ本

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。