Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/702-462ae9e8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010 J1第01節 FC東京戦(A)

まちにまった開幕戦。1-0で負けた。
決勝点はロスタイム。石川と平山にやられた。
平山はあの状況でよくダイレクトで枠内にけり込むことができたなぁと思うし石川もキレキレだった。ビックリプレーの連続だった。
と、ただ相手のビックリプレーに感嘆してばかりではいけない。
実は試合前から勝敗は決していたのだ。

雨でピッチコンディションが悪くお互いに意図したパスがミスになり、攻撃の形がつくれない。
個人で打開できるタイプの選手が鍵を握るかなと思っていた。
マリノスでは山瀬、坂田。東京では中村北斗。山瀬不発ならしょうがない、そんな展開だ。
前半0-0で折り返し、後半、東京が先に動いた。まず梶山(好調ならいやなやつだ)。
つづいて中村北斗に代わり故障明けの石川を投入したときは、正直安堵感を覚えた。
石川はまだ戻ってない、試運転程度の起用か、そう思っていた。
実際、同じく故障明けの梶山はミスを連発していた。
が石川は得点のシーンでは抜群のキレを見せた。
小椋をかわし平山にあわせて試合を決めた。
あの時間に石川を投入できる状態にあった東京のチーム力、そして城福監督の采配を素直に褒めるしかない。勝ち点3を手にするにふさわしい。

一方和司新監督の初采配はどうだったか。
終盤まで0-0、しかもアウェイで雨。試合は膠着状態。お互いに得点の匂いはしない。
さぁどういう手をうつか。打開をはかるか、そのまま終わらせるか。興味を持ってみていた。
和司監督は攻撃系の選手でカードを2枚きった。
この期に及んでも「1点取られても2点、3点を取り返すサッカー」を実行しようとしたのか。いや違う。
選手交代からみるとそういえるが、状況に応じた無難な采配だった。
まず狩野に代えて坂田。ここは試合の流れと狩野の出来からすると妥当なところだ。
相手からしても、重馬場でのそれも後半からの坂田はやっかいな存在だろう。
次に起用したのが、ハードワークできるからという理由で清水。
この時(後半79分)の状況からして失点しないことが大事。
本来ならCBの前に一人、動ける守備系の選手が欲しいところ。
理想は松田。スーパーガッツという精神コマンドももっている。が怪我でいない。
この時のベンチメンは、榎本、天野、波戸、清水、河合、バス兄。明らかに駒が足りない。
守備系なら河合。運動量でとるなら清水か。
河合を入れた場合は2パターン考えられる。河合をCB起用し、小椋を本職のCB前のクッション役にする。
しかし小椋も消耗していているし意図するパフォーマンスは期待できないか。
ボランチにそのまま河合を投入してもいいが、河合がハードワーク出来るほど重馬場で走力があるかといえば疑問が残る。河合がころぶシーンが頭を過ぎる。河合案は消える。
一方清水は攻撃面ではその意図が見込めるだろうが守備に関してはどうだろう。その辺は目を瞑ってあわよくば得点シーンに絡んでくれれば御の字。
よしこれでいこう。苦肉の策だ。といった感じで清水を起用することになったのではないか。
采配としては何の疑問もない。とても無難だ。及第点。

あまり思い出したくないが、失点シーンは石川の対応でCB小椋がつり出された。
CB中澤は赤嶺?につき、平山がフリーになった。両ボランチ兵藤、金井はどこ?どこにもいない。
いくらカウンターとはいえども守備の意識を持ったフレッシュな選手が一人いたら、少しでも平山にプレッシャーをかけられたら…。
もし小椋、兵藤、百歩譲って金井といった傭兵がベンチにいれば(この日は3人ともスタメン)違った結果も期待できたのではないか。せめて勝ち点1とか。

こうみてくると失点つまり敗戦の背景には松田と栗原の故障が少なからずとも影響したわけだ。
実は試合前から既に勝負は決まっていた、そう思えてならない。
悔しいが今回は東京の方が一枚上だった(次回はそうはいかないよ)。

次節は栗原&俊輔が加わる。よっておのずと小椋、兵藤のどちらかはベンチメンになるだろう。
というかおいておかなければならない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/702-462ae9e8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

じょんさんの最近読んだ本

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。