Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/711-cfdf05f1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010 J1第03節 川崎戦(H)

4-0の勝ち。前半で3点とって早々と勝敗を決めた。
稲本vs俊輔、俊輔と狩野の競演、小宮山ゾーンからのなんちゃらとか見所はあったはずなのだが、なんか手応えがないまま終わってしまった。

2得点した山瀬もよかったのだがあれぐらいやれて当たり前。
この試合に関してはハマのガットゥーゾこと小椋がよかった。川崎の攻撃の芽を悉く摘んでいた。これにつきる。
マリノスの選手という色眼鏡も入るが、ボール奪取能力に関しては既にJのトップクラスにあるのではないか。
もちろん彼一人の能力ではない。
周りとの連係があって、結果小椋のところでボールが奪えている。いい傾向だ。
もう一人のボランチ兵藤も攻撃から守備まで随所に顔を見せ献身的に走り回っていた。体は小振りだがかつてマリノスに在籍していたエバートンを彷彿させる。エバートンどころでなく彼にはハマのイニエスタを目指してほしい。
小椋のボール奪取力と兵藤の豊富な運動量とそこそこのキープ力。良いコンビになってきた。

それにしても終盤投入された河合のポジショニングと動きの質は気に入らない。終わったか。
4点差あるんだから他の若手を使って経験を積ませたほうがいくらか有意義。
GKを交代させて川崎に辛酸を嘗めさせるという手もあった。
和司監督はやさしい。
あと和司監督には、千真の得点が伸びなくなるので番長の上がりを注意してほしい。

さて、最近Jでもワンボランチを採用しているチームをみるが如何なもんか。
ワンボランチを採用するには、無尽蔵のスタミナ、守備力、キープ力、展開力を併せもった選手が必要だ(欲を言えば強烈なミドルも完備)。カンビアッソ、イニエスタ、セスク、シャビ、エッシェンなど。
規格を小さくしても私の知る限り日本人にはいない。
敢えていうなら今野と小笠原を足したような選手だろうか。
よっぽどの事情がないかぎりワンボランチはやめたほうがいい。
今後ゲームを通して育てようと思うならカンテラからじっくり育てたほうがいいと思う。
というか日本人には無理というのが持論。

前節の湘南に引き続き今回対戦した川崎も稲本のワンボランチだった。
稲本も随所に光るプレーはみせたが、一人ではマリノスの攻撃は捌き切れなかった。
捌いたとしても、3トップを採用している為、味方の中盤の人数が少なく、また前線と距離があき攻撃に繋げることが難しかった。
SBの小宮山と森に関しても、3トップの悪い面がでた。両翼にレナチーニョと黒津がいるため自らスペースを塞ぐ形となり、マリノスのSB波戸、田中の裏への突破はほぼ皆無。自慢の攻撃力は鳴りを潜めることになった。
今の川崎だとテセと黒津のツートップ、2列目にヘナと田坂、そして稲本と谷口のダブルボランチのほうが、相手からするとよっぽど嫌なのだが、高畠監督もジュニ、憲剛が復帰した後の4-3-3システムの完遂を考えているのだろうか。
シーズンも始まったばかりだし、他チームのことまで容喙するつもりはないが、今回対戦してみて川崎の4-3-3が安定して機能し始めるにはまだ時間がかかるとみた。
そのほかのワンボランチのチームもやがては能力に応じたシステムへと淘汰されていくのではないだろうか。
とかいうマリノスもキャンプではワンボランチをテストしてた時期もあったようだ。今はダブルボランチである程度機能している。
似合う髪型と好きな髪型は違うということだ。

次節は同じ4-4-2でダブルボランチの神戸だ。がっぷり組み合ってどうなのか。マリノスは本物なのか。
2試合も続けて大勝してしまうと逆に疑心暗鬼になってしまう自分なのだが、選手には決して臆することなく自信をもってプレーしてほしい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gepitaph.blog21.fc2.com/tb.php/711-cfdf05f1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

じょんさんの最近読んだ本

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。